政令指定都市「越中市」<80万都市>の実現、そして日本版都市国家「越中国(越中都)」の実現を提案するホームページです。
<注意>このホームページは、あくまでプライベートサイトであり、いかなる団体・企業とも関係がございません。
当サイトで使用した画像及びデータの無断転載は禁止いたします。このサイトの主宰は、炭谷壮一(映像作家)です。


 本当に越中は、ひとつですか?
いま 「越中」 という言葉が見直されているが、それは、何故だろうか?

 越中は、昔から呉羽山を挟んで、呉東・呉西に分けて語られる。この呉東・呉西を挟んで「富山さん」や「高岡さん」とも呼ばれたりもする。同じ県なのに、よそよそしい言い方ではないだろうか。何故こうなったのか?
 その原因を考えると「文化の違い」、いやいや「文化の壁」というものが感じられるのだ。

 例えば、お祭り。獅子舞では、呉東と呉西で大きく異なる。
 呉東では、2人が入る二人立獅子。呉西では、多くの人が入る百足獅子。全く趣きが違う。ご祝儀などでも、呉東と呉西では大きく異なるのは有名な話。特に、呉西では付け届けに厳しい土地柄とも言われている。

 そういった、呉東と呉西の文化の違いはいっぱいある。しかし、もともとはどうだったんだろうか。

 越中国が誕生したのは、今から遡ること千三百年も昔の話。今の福井県北部から山形県庄内まで及ぶ、広大な「越の国」が3つに分割され、越前国・越中国・越後国が生まれました。そして西暦702年には、今の富山県と同じエリアが「越中国」となった。
 石川県が加賀国と能登国から、福井県が若狭国と越前国から出来てるの対して、富山県はなんと千三百年もの間続いた、越中国ただ一国で出来ている。これは、北陸で唯一ですし、誇りではないだろうか。

 山と海に囲まれた、とてもコンパクトな越中国。想像ですが、誕生の頃はきっと、「越中は、ひとつ。」だったのだろうと考える。それが、文化で呉東と呉西に分かれてしまったのは、いつのことだろうか。

 いま一般に言われる文化。そのほとんどが、江戸時代に生まれた民衆文化に影響を受けている。例えば、七夕祭りやひな祭りなどは、もともと宮中のお祭りだったものが、江戸時代に民衆へと広がり、今日まで続いている。戦国時代が終わり、太平の世となると人々の心に余裕が生まれ、それが文化の花を咲かせた。そして、今日へと根付いていく訳です。民衆文化が大きく育った江戸時代、越中国は2つの行政下に分かれてしまう。
 戦国時代に佐々成政が失脚し、替わって加賀藩が越中国を支配。そして江戸時代の1639年に、「加賀藩」から「富山藩」が分かれた。以後、明治維新までの260年、越中国は、経済力が違うふたつの藩の影響を受けることとなる。そして加賀藩の領地では、金沢文化の影響を色濃く受け、富山藩とは大きく異なる文化が育つことになった。
 越中にとって、実は江戸時代は、とても不幸な時期であったと言えるのだ。それは、千三百年続く越中国の歴史の中で、江戸時代の240年間だけが、ふたつの行政に分かれてしまった事で、富山と高岡に文化が分かれてしまうからだ。人々の気持ちにも、無意識に東西に分けるようなDNAを植え付けた時期だとも言えるだろう。加賀藩の植民地となった事で、富山の存在感は薄れて行く。240年間の影が、いまも続いている。


 「もしも、佐々成政が、江戸時代も越中国を治めていたならば‥」、どうなっていただろうか。おそらく、越中国の民衆文化は、ひとつとなっていたはずだ。
 越中の中央に位置する小高い呉羽丘陵を境に、「呉東」 と 「呉西」 とも言われる。「山があるから、文化が変わる」 とも言われたりするが、実際には、江戸時代の加賀藩と富山藩の境界線が、民衆文化の分水嶺である。

 明治維新後の廃藩置県を経て、越中国は石川県から分県、行政は一本化された。再び独立した行政エリア「富山県」となったのである。しかし、そこには血のにじむ努力によって勝ち取った、歴史を忘れてはいけない。
 そういった経緯にも関わらず、それから更に140年も経った今でも、富山県内には、文化の違い・心の分水嶺が残っている。

 今日、少子高齢化時代を迎えて、富山県は岐路に立たされている。地方と大都市の格差、道州制、都市間競争と、富山県の将来も不透明だ。しかし、千三百年の歴史がある越中国は、これからも生き残って欲しいと願わくにはいられない。
 その為には、今こそ「心で越中は、ひとつにまとまる」必要があると考える。


<立山連峰を象徴に 〜今こそ『越中はひとつ』へ>

「立山連邦のパノラマ」

 越中の広い範囲で、立山連峰を拝むことが出来る。絶景ポイントもいっぱいだ。どこでも、額縁さえ持って行けば、自然の絵画が楽しめる。そして立山は、私たちが意識しない内に、生活の一部として、しっかり根付いている。

 越中人にとって、立山はまさに 「心のよりどころ」 だ。 それは越中の人達みんなが、立山の勇姿で 「心と心が繋がっている」 と言えるだろう。まさしく、越中ならではの普遍的な 「自然文化」 が、そこにはある。つまり、越中のアイデンティティは、立山連峰なのである。

 しかし、現代においても、越中はひとつにまとまっていない。特に、富山市と高岡市だ。お互いのことに関しては、どうしても 「よそよそしい表現」 をする。 「見えない線」 を、ついつい引いてしまう。それが現実問題としてある。
 千三百年、単独エリアとして続いた 「越中国」 は、本来なら 「誇れる国」 として、確固たる 「心の一体化」 があるべきだろう。なのに現実は、越中国の真ん中で、私たちはいまでも 「心の分水嶺」 を引いている。同じ国なのに、寂しい限りだ。
 そして、少子高齢化・地方と大都市の格差・道州制・都市間競争など、多くの問題を抱えて、越中国の将来には暗雲が漂っている。

 政令指定都市へ昇格した 「新潟市」 や、加賀百万石の 「金沢市」 では、北陸の中心都市を目指して、都市集積を進めている。越中は、この二大都市に挟まれて、完全に埋没した。
 越中はこれから、「どうすればいいのか‥、どう立ち向かうべきなのか‥。」

 そのキーワードとして、「越中が、真にひとつとなる」 。
 そのシンボル(証)として、呉東呉西の垣根を越えた政令市「大越中市」をつくる。そして中心軸となるのが、霊峰立山に代表される「越中の自然文化」ではないかと考える。「こころのよりどころが、文化となる。」
 絵になる風景を題材とした、越中だけの唯一無二な芸術文化や都市ブランドが、花開く土壌は十分にあるだろう。

 「北陸はひとつ」 との声もありますが‥、まずは 「越中はひとつ」 にまとまらなければならない。その実現があってこそ、初めて都市間競争に立ち向かうことができると考えるのだ。


<夢ある街を目指せ!>

 富山県は、若者の流出や少子化による人口減少に悩んでいる。特に、若い女性の県外流出が深刻だ。何故、そうなってしまうのか?。その根本的な原因には、富山県に魅力を感じられず、将来性を見出せないという点がある。富山県で夢を語っても、「富山では無理やちゃ」「そんな夢は東京に行かんとダメやちゃ」となってしまう。また、富山県の将来像を語っても、「なぁ〜ん、富山はこのままでいいがいちゃ」となる。その風潮が、多くの県民に浸透している。しかも、政財界までもが「富山では無理だ」となっている。つまり、富山で夢を語る事ができないのが現状だ。当然、夢をみるという事もこの県では冷めている。
 若者が、夢をみたり夢をかなえたりするなら、富山県を出て行くしかないとなるのだ。いくら富山県が住みやすい街だとアピールしても、夢のない街が魅力と感じるだろうか?。この根本的な問題を解決しない限り、富山県は衰退を加速させるだけだろう。


 『夢語れる街へ』『夢みれる街へ』『夢かなう街へ』『夢のある街へ』『夢があれば、街は輝き出す』

 富山県は、今こそ『夢を追いかける』事に拘る時ではないだろうか。夢がある街なら、若者は出て行かない。夢かなう街なら、人が集まってくる。夢を軽くみてはイケナイのだ。


<富山の『現状と目標を指標化」して、課題に取り組む>

 富山県は、「果たして発展しているのか?」「成長しているのか?」「将来性があるのか?」。これをイメージ出来てる方はどれぐらいいるだろうか?。そして、そのイメージには根拠があるのだろうか?。

 現状を認識する事は、非常に重要である。なぜなら、その認識があれば、将来に向かって「どう取り組めばいいか」が見えてくるからだ。
 現状が、良く理解してないのに、「将来は、こうなるのじゃないか?」「将来は、こうなればいいな」では、富山の将来は無いと言える。

 いかに、現状を分析して、将来設定をするのか?。その為には、「指標化」というものを取り入れる必要があると考える。
 そして、この「指標化」に大事なのは、コンサルタントに丸投げするのではなく、自治体の職員と県民市民が参加して作成する事に意味があるだろう。事業費としては、リサーチ費やワークショップなどの費用が掛かるが、規模は極めて少なくて済む。

<長期都市計画は、百年構想の積み重ねで>

 都市は1年ではできない。10年20年掛けて、徐々に都市となる。そして、歴史を積み重ねて、文化都市となる。京都は、千二百年の歴史がある。東京でも、四百年以上の歴史がある。また、歴史遺産都市が多い欧州では、パリで千五百年以上、ロンドンで千九百年以上、ローマに至っては二千七百年以上となる。こういう歴史を積み重ねた都市は、世界から見ても魅力的に映る。これら歴史都市は、いずれも計画的に街が造られてきた。ある時は、碁盤の目のような街を。ある時は、城壁に囲まれた街づくりを。ある時は、港湾や街道を軸とした街づくりを。時の権力者が、独創的な街を造った事で、街にアイデンティティーとプライドが生まれる。そこには、百年先、千年先を見据えた街づくりが存在するのだ。天才建築家のアントニ・ガウディが設計した、バルセロナの聖教会「サクラダ・ファミリア」は、1882年に建設が始まり、百三十年経った今でも建設が続いている。このような都市への拘りが、魅力ある都市と人々を造りだす。
 現代の都市造りは、長期の都市計画を策定する事はあっても、決して継続的なものはない。富山県でも、長期計画を定期的に策定している。だが、百年後の富山の姿を具体化しておらず、具現化も行われていないのが現状だ。だからこそ、都市計画を百年単位で取組む必要がある。

<あいの都百年構想>

 全国の都市で、いま百年構想を策定するところが増えている。その多くは、歴史的文化都市だ。歴史があるからこそ、将来へ都市を受け継ぐ事に拘っている。新潟県の新潟経済同友会では『百年後委員会』を設けて、新潟県の百年後の目標とする姿を策定した。県の人口を300万人に伸ばし、首都機能を誘致するなどの壮大なものだ。高松の丸亀町商店街では、100年後の繁栄を目指した街づくりを実践。全国からの注目を集めている。佐賀県では、『佐賀城下再生百年構想』に取組んでいる。街の再生と、住民の文化レベル向上が目的だ。金沢でも、金沢城を再建して、百年後に国宝とする事を目指している。
 富山県でも、百年先を見据えたマスタープラン(都市計画)を考える必要がある。そして、計画を立てるだけではなく、実行する必要がある。百年構想の条例化。これに対して、継続して取組める組織づくりが重要だろう。ブラジルのクリチバ市では、都市計画を法令化し、たとえ首長が変わっても、街づくりの根幹は変わらないという。その実行部隊も、クリチバ都市計画研究所(イプキ)が行っている。これを参考にしたい。
 百年の計画を積み重ね、将来千年後、世界を代表する歴史文化都市を越中につくる。『越中あいの都千年構想』。その最初の百年構想を、ファーストステージ100と位置づける。



 越中とやま『あいの都、千年構想』ファーストステージ100年プラン 年次目標案(提言)
 ※事業内容は、当サイトの提言案に沿ったものとなります


 〜2020年まで
     ・北陸新幹線の福井開業
     ・富山駅連続立体高架化の完成

     ・立山有磯海の国立公園化

     ・越中都市戦略シンクタンクの設立
     ・能越自動車道の全線開通
     ・民放局の富山石川再編(テレビ5局化、ラジオ5局化)

     ・越中とやまの人口100万人維持
     ・出生率(合計特殊出生率:一人の女性が一生に産む子供の平均数)の1.7人超化

 2021年2030年まで
     ・新行政組織『あい都(仮称)』発足(県と全市町村合併)
     ・立山有磯海の世界複合遺産認定
     ・北陸新幹線の全線開業
     ・羽越新幹線(糸魚川ー長岡間のミニ新幹線化)の開業
     ・高山線の高速160キロ化完了
     ・JR中日本の実現
     ・富山環状鉄道・LRT上滝線の開業
     ・北陸線の生活鉄道化完了(新20駅完成)
     ・北アルプス横断道路(北国自動車道)の全線開通
     ・新サッカースタジアムの完成
     ・副首都誘致の実現
     長寿世界一の実現
     ・越中とやまの人口120万人化
     ・社会増減率のプラス化転換実現
     ・出生率の2.0人超の実現
 2031年2040年まで
     ・富山外環状道路・富山5街道の全線開通
     ・冬季オリンピック富山大会の開催
     ・総合6大学整備の完了
     ・氷見線・城端線のLRT化
     ・富山高岡弾丸道路の開通
     ・越中とやまの人口150万人化
     ・社会増減率の0.5%超の実現
     ・出生率の2.3人超の実現
 2041年2050年まで
     ・商都高岡の世界文化遺産認定
     ・アルペンスタジアムのドーム化
     ・NPBのプロ球団誘致
     ・富山都心環状道路の全線開通
     ・北陸線の新高岡駅乗り入れ化
     ・越中とやまの人口200万人化
     ・社会増減率の1.0%超の実現
     ・出生率の2.3人超の実現
 2051年〜 2100年
     ・副首都から新首都に格上げ
     ・夏季オリンピック富山大会の開催
     富山万国博覧会の開催
     ・越中とやまの人口500万人化