<注意>このホームページは、あくまでプライベートサイトであり、いかなる団体・企業とも関係がございません。
当サイトで使用した画像及びデータの無断転載は禁止いたします。このサイトの主宰は、炭谷壮一(映像作家)です。

<検討したい項目>
・大越中市を新首都候補地に格上げを目指す

<東京ブラックホールの弊害>

 東京は、戦後から人・物・お金を地方から吸い込んできた。それが、少子高齢化で、更に加速しようとしている。それが、『東京ブラックホール』。東京と地方の格差は進んでいる。特に、価値観が違いが謙虚となり、まるで人種が違うのではないかと思われる程となっている。東京は、個人優先主義。これが、社会協調主義でないと維持できない、日本の固有の文化を崩壊させようとしているのだ。東京のブラックホールによる『地方の崩壊』とともに、日本の固有文化『祭り・風習・風土』などが絶滅する危機にある。人がいないと、文化は維持できない。それなのに、今でも「もっと、東京を強くすべきだ」「日本の効率化には、東京に資源を集中させるべきだ」という声がある。日本の将来の為には、地方にこそ、生き残る道があるのではないだろうか。
 その為には、東京一極集中している状況を、劇的に変える必要がある。つまり、『東京の解体』だ。その手始めが、首都機能の移転だと考える。

<東京の解体、『首都機能移転』策>

 2010年までに、日本の首都を遷都する構想があった。当面、東京から半径300キロ圏内へ国会議事堂を移転させようというもの。2000年春に、移転候補地として北東地域・東海地域・三重畿央地域に絞られた。しかし現在は、景気の大幅後退や東京都の反対運動などから、一向に進展していない。

 この状況を利用して、富山県も遷都候補地に名乗りを挙げることを検討したい。というのも、現在、遷都候補地に挙がっている地域は、遷都候補地として優れてるとは言えないからだ。東海畿央は、既に太平洋ベルト地帯として十分開発が進んでおり人口も多い。更に近年は、東海・南海地震や富士山噴火などの自然災害が心配されており問題が多い。一方、北東地域も西日本からは遠く、首都圏からは近すぎる問題がある。地理的な面でも、交通ネットワークに不便さが残る点が心配である。

 そういった意味からも、遷都候補地として本来ふさわしい地域は、富山県だと考える。まずは、大越中市を、東京都を補完する副首都と位置づけたい。首都を補完する各施設(第二国会議事堂・第二首相官邸・第二官庁・第二最高裁判所・第二皇居)などを順次整備して、将来の本格遷都を目指す。

<その理由は>

・東京・大阪へは270キロ、名古屋には230キロとほぼ三大都市圏の等距離に位置する。
・土地も平野部が多く、用地取得が容易である。(土地が余っている)
・地震・災害も極端に少なく、水は一級河川が5本もあるなど豊富である。
・自然(海あり山あり)が豊富であり、北アルプスをバックにした景観は、国際都市にふさわしい新首都になる。
・富山湾などを活用して24時間運用の国際空港建設も可能である。
・高速道路も、東京には中央道ー中部縦貫道ー関東産業道路のルートと関越道ー上信越道ー北アルプス横断道(構想)でほぼ一直線に整備ができ、約5時間で結ぶことができる。名古屋には東海北陸道、関西圏には北陸道、新潟・東北には北陸道ー磐越道と、既に整備が進んでいる。
・北陸新幹線も富山までが着工されており、東京まで所用時間約2時間。大阪まで開通した場合は所用時間1時間30分で結ばれる。特に整備新幹線を有意義に活用するという観点からも富山県が遷都候補地になることは意味が大きい。
・新首都で言われるのが、東京ー新首都間のリニアモーターカーの敷設であるが、これも富山では容易となる。
中央新幹線のルートを利用して、長野県諏訪から松本市ー大町ー北アルプス直下を抜けて富山に入るルートであれば、建設距離も短く東京・名古屋までを、約30分程度で結ぶことができる。
(もともと、北陸新幹線構想の当初ルート案は、新宿ー甲府ー松本ー大町ー北アルプス直下ー富山のルート案だったのだが、当時の政治的なチカラ関係から次第に新潟寄りに変更された経緯がある)
・太平洋側と比べ遅れがちな日本海側の振興に役立つ。
・冬場の降雪に関しても、生活面・経済面においてさほど支障がない。

 以上のように考えてくると、遷都候補地に富山県を、追加する必要があるのではないだろうか。そこで、現在、候補地域になっている東海地域に、富山県を追加することを検討したい。本来の遷都問題の趣旨に適った都市はどこなのかを、真剣に考えて最終候補地を決める必要がある。

 また富山県にとっては、対隣県都市や対東京・対大都市に対抗する為の政策が求められている。新しい発想や独自の「富山式」を、多数生み出して、これまでに見たことも聞いたこともない、全く新しい積極的な取り組みが必要なのである。大越中市実現を突破口に、21世紀に勝ち残れる都市・存在感のあるエリアへ脱皮を図り、真に「誇りの持てる富山」の実現を目指したいものだ。
 そして「裏日本から表日本へ」と今一度、躍り出ようではありませんか。

↓首都機能移転を目指す「名古屋市」のシンボル「JR東海ツインタワー」
<参考サイト>
○国土交通省 - 首都機能移転ホームページ
○森にしずむ都市