<注意>このホームページは、あくまでプライベートサイトであり、いかなる団体・企業とも関係がございません。
当サイトで使用した画像及びデータの無断転載は禁止いたします。このサイトの主宰は、炭谷壮一(映像作家)です。

<検討したい項目>
・欧州型トランジットモールの導入と駅前地下街の拡張
・天の小路を中心に、七夕祭り会館を御旅屋地区に整備
・道の駅メルヘン小矢部と稲葉山の間に、観光ロープウェイを整備
・イオンモールの拡張 (百貨店・ハンズの誘致、第2モール整備)
<かつてあった、高岡中心商店街の再開発案>

 中心商店街の衰退が著しい。これは、昭和40年代後半から謙虚となる。だが、その頃はまだ勢いが残っていた。様々な市街地再開発構想が起こる。昭和40年代には、駅前地下街を旧大和百貨店まで末広町通りの約300メートル延長しようという構想があった。その後、地下街構想は巨大ドームアーケード構想となる。末広町通りの県道全体をドーム型アーケードで覆ってしまおうというもの。県道幅は17メートル、高さ8.85メートル。雪雨に強い商店街を目指した。この構想は何度も計画され、平成2年には具体化まで進む。現在の文苑堂から大和側30メートルで、部分的に整備しようというもの。ステンレスの立体トラス大屋根式で、採光性のあるポリマーネート合成樹脂を利用し、夜間は水銀灯ダウンライト77個で照明する。事業費は1億円。平成3年完成を目指すも、事業化までには至らなかった。また、国鉄貨物ヤード跡地(現高岡駅前駐車場)や旧ミズの街跡地では、駅前地下街と直結する大型再開発ビル計画もあった。売場2万平米以上の百貨店誘致を目指し、大手百貨店そごうと交渉するも実現に至らず、市営駐車場と公共ビルに落ち着いた。このほかにも、金沢スカイビル方式として整備された、ファッションテナントエリアとホテルニューオータニからなる新横町再開発ビル。だが、その規模はとても小さく、ファッションテナントエリアは、売場面積がわずか4千平米程度。結局は、市街地の賑わいは戻らず、ファンションテナントエリアは閉鎖された。いずれも、事業構想が進まなかったり事業規模が中途半端という、富山県に多くみられる状況が市街地衰退を進めた結果となる。このような、過去の反省を踏まえて、これからの市街地再整備を考えないといけないだろう。


<中心商店街を『北陸の巣鴨化』で再生>

 少子高齢化が進んだ事で、高岡市を中心とした県西部では、若者は都会へ、ファミリーは金沢やイオンなどに流れている。この流れを呼び戻す事は、今となっては諦める必要がある。一方で、おばあちゃんが求めているおしゃれなファッションが、北陸ではなかなか手に入らないという事を起こっている。そこで、高岡の中心商店街では、ターゲットを高齢者に絞る事で、金沢や富山市との差別化を図る必要がある。高齢者の街として有名なのは、おばあちゃんの原宿とも言われる巣鴨。高岡の中心商店街は、『北陸の巣鴨』と位置付けた街づくりに特化する事で生き残るべきだろう。

 その実現の為に、大和高岡店をシニア百貨店に衣替えを提案したい。店名にも『高岡大和シニア百貨店』とする事で、県内外にアピールする象徴としたい。また伊勢の「おかげ横丁」を参考に、(現)北陸銀行高岡支店から高岡大和シニア (現在の万葉の杜)にかけて、江戸時代の歴史的な建物を北陸各地から移築・再現を図り、インテリア小物・和菓子屋・漬物屋・郷土物産・飲食・旅館などを扱う商店街 (50店舗程度) を形成、「天の小路」として整備を行う (高岡TMOもしくは新たに街造り会社を設立する)。特に、坂を上手く演出として利用し、木曽路の 「馬籠宿」 のような宿場的な雰囲気も取り入れる。坂の中心には、天の川を模したシンボル川を造り、その両サイドに商店街を並べて、それぞれを 「織姫の街」 「彦星の街」 と名づける。商店街は、観光客だけでなく市民の買い物ゾーンとしても利用できる構成とする。
 この「天の小路」には、万葉線を複線で乗り入れ、バスターミナルも併設した本格的な「完全トランジットモール化」を図りたい。また、御旅屋アーケード街も、名称を巣鴨の巣鴨地蔵通り的に『御旅屋大仏通り』に改名して、シニア層に特化したテナント誘致を目指したい。おばあちゃんの街として、高岡の中心地を再生させる。大和の1・2階部分は、御旅屋大仏通り・天の小路と一体化するように"路面店舗化"とする事で、街の垣根を無くしていく。

↓巣鴨地蔵通り
↑木曽路の馬籠宿


 また、商店街の活気を失っている「御旅屋通り」と「大福院通り」を、今一度、アーケード街として再生させたい。何故なら、これからの高齢化時代を見据えた際に、雨や風を気にせず、また階段などの障害物を気にしないで気軽に買い物が出来る街は、昔ながらのアーケード商店街が最適だからである。特に、駐車場からアーケードが直結していないと効果がない。
 そこで検討したいのが、大和の大福院通り側には、富山グランドプラザのような「ガレリア(大屋根広場)」を設け、現在は撤去された大福院通りのアーケードも再設置し、隣接する高岡市営駐車場や片原町までをアーケードで結びたい。これによって、高齢者からの要望が多い、雨に濡れずに駐車場から大和へ行けるよう対応させる。

 駅前には、地階・1階部分が商業テナント、2階以上を金融ゾーンとする第2街区再開発ビルを検討したい。そのキーテナントとして北陸銀行高岡支店の移転を図り、駅前地下街と直結する事で、回遊性も高めさせる。
 駅前地下街は、高岡駅の新ステーションビルの地上2階から地下街が見えるような吹き抜けで立体化を図る。地下街側にガラス張りの「ガレリア(大屋根広場)」を設ける。また、高岡市営高岡中央駐車場から気軽に地下街へ行けるように改良を図り、1階の駐車場出口から地下街へ行けるオープンなエスカレータを新設する事も検討したい。更に、地下街を中心に周りを取巻くように、オフィスビル・ビジネスホテル・高等教育機関(大学のサテライトキャンパスや専門学校)を貼付けて、ビルの回廊(コリドー)化とし、御旅屋地区とは違う活性化を狙う。オフィスビルは、中央企業の出先機関だけではなく、市内と近郊都市にある企業の本社機能を誘致したい。これによって、昼間人口を増やすとともに、企業の頭脳が集積する事で企業間の交流を促し、各企業の活性化をも目指したい。更に、企業に働くビジネスマンを中心にする事で、公共交通機関の利用促進に繋げ、地下街のファッション系や雑貨系の商業店舗を確保や、歓楽街化を促す効果も期待したい。

↑小樽の新名所 「出抜小路」多くの飲食店が入居
 近くには小樽寿司ストリートもある。


<新幹線駅周辺開発>

 新高岡駅は、田んぼのど真ん中に駅を造った為、他県からの訪問客に対し印象が悪い。これを如何に改善させるか。その解決案として、駅前にランドマークとなる巨大な『ドラえもん像』の実現を期待したい。近年、巨大なアニメキャラの像が人気を集めている。高岡ゆかりの巨大『ドラえもん像』ができれば、新高岡駅で降りてみたいとなるだろう。また、新幹線の新高岡駅到着案内放送のBGMや、新高岡駅の発着メロディーでも、ドラえもんのテーマ曲が使えるならば、イメージアップと誘客に繋げる事ができる。


 更に北陸新幹線の新高岡駅南口側には、大手アウトレットモールの誘致も目指したい。イメージは、軽井沢駅前の西武鉄道系アウトレットモール『プリンセスショッピングプラザ』。2大アウトレットモールのひとつ、三菱系『プレミアムアウトレット』の誘致を目指したい。新幹線駅南口に、アウトレットモールに直結する欧州型の歩行者専用広場を設ければ、北陸新幹線沿線からの誘客も見込めるうえ、観光地への連携も期待できる。
 アウトレットモール誘致の他にも、企業移転型のオフィスビル (森ビル・三菱地所など)や、移住型のマンション、リゾート型ホテル (ラフォーレリゾート・星野リゾートなど) の誘致にも取り組みたいもの。特に、森ビルでは、虎ノ門ヒルズで藤子プロのドラえもんをモチーフとしたオリジナルキャラ『トラのもん』を展開している。森ビル系初のラフォーレアウトレットモールを、新高岡駅前に誘致できれば、藤子プロのオリジナルキャラ実現も期待したい。
 全国的に都心回避ブームが起こっているが、マンションなどの都心立地には、今後高さ制限などの規制が掛かってくる。高岡市では、都心に観光資源もあることから、駅南にマンション立地を誘導したいものだ。特に、イオンモールがあるメリットを活かし、新幹線駅南側エリアに、戦略的な 「都心型マンション団地」 を造成することも考えられるだろう。
 約10〜15区画の 「アーバンマンションエリア」 とし、主に大都市圏からの移住促進を目指す。このエリアは、立山連峰が見渡せ眺望が良く、また周辺には観光資源や住居エリアも少ないことから、高層マンション立地が可能である。イオンモールといったショッピング・済生会病院・スポーツコア・テクノドームなどの公共施設も充実、さらに新幹線・城端線駅も出来るなど、移住促進型マンションとして成功する可能性が高い。
 「移住促進型アーバンマンションエリア」 の造成は市が行い、中央資本による立地を目指す。エリア全体には、統一的なデザイン景観を義務付けし、低層部には商業施設併設を求めて行く。立山眺望を考慮して、低さ制限と高さ制限を併用させる。


<参考サイト>

○三井アウトレットパーク
○プレミアムアウトレット
○イオンレイクタウンアウトレット
○軽井沢プリンスショッピングプラザ
○さっぽろ地下街札幌駅アピア
○新宿地下街 サブナード
○横浜地下街ポルタザダイヤモンド
○川崎駅地下街 アゼリア
○名古屋地下街テルミナユニモール
○神戸地下街(さんちか・デュオ)
○広島地下街 シャレオ
○天神地下街(福岡)天神サイト

↑ 世界遺産イタリアピサのドゥオーモ広場


<高岡南部地区>

 広域商圏を目指す為には、知名度が高くて、北陸に未進出の大手資本が必要だ。しかし、現実面で言えば、ほとんどの大手流通資本は、富山に魅力を持っていない。そういった中で、イオンが進出した高岡南部地区は、広域商圏を築けるかが鍵を握ると考える。

 イオンモールのスタイルは、「2核1モール方式」。これは、核となる大型キーテナントを左右に配置し、その核の間をモール(商店街)化して、多数の専門店街を配置するもの。本来なら、岡崎イオンのように、イオンと百貨店がキーテナントになるのが理想。しかし、イオンモール高岡は、キーテナントが 「イオン」、サブキーテナントが DIYの「カーマ」となっている。カーマは別棟となっていることから、実質 「1核1モール」 となってしまった。魅力的な広域商圏を目指すのであれば、今後、第2第3の核となる 「キーテナント誘致」 を期待したい。これまでのイオンモールは郊外型が多かったが、岡山や京都のように都市型のイオンモールも登場しはじめている。
 そこで、イオンモール高岡を増床させて新幹線駅と結ぶような形で、一体化させた都市型のイオンモールに転換を目指したいものだ。参考としたいのは、イオンが埼玉県越谷市にオープンさせた『イオンレイクタウン』。「kaze」「mori」「アウトレット」の3つからなるJR駅に直結させたモール。そして、JR岡山駅に地下街で直結しているイオンモール岡山の『ハレマチ』も参考にしたい。

 イオンモール高岡の新たなキーテナントとして、高岡市にゆかりの深いファンション系の『丸井百貨店』や、北陸初となる『東急ハンズ』の大型タイプ、デパ地下として『タカシマヤフーズメゾン』、家電量販店として『BICカメラ』や『ヨドバシカメラ』を誘致してもらいたい。また、富山県に未進出の『ROUND1』などのテナント誘致も期待したもの。更に、かつての高岡市街地にあった『大衆市場』をイオンモールの中に再現。これらに、地元に本社があるチューリップテレビやホテル、ランドマーク的な大観覧車、ライブハウスにハウス系ウエディングなどを設ける事で、エンターテイメント性の高い街を造る。建物も欧州型のガレリアやドーム屋根を取り入れて、これまでの郊外型イオンモールから駅前型イオンモールに転換を図る。店舗面積で4万平米規模の増床とし、既存エリアと合わせて10万平米超えとしたい。愛称も『タカマチ』として、イオンモールのフラッグシップ店を目指す。
 更に、万葉線(アイトラム)を南部地区まで延長し、パーク&ライドシステムとしての機能を持たせれば、南部地区から中心商店街や山町筋などの観光地までを、新しい都心軸として一体化する事も可能となるだろう。


 商業開発が活発化してきたこの地区。金沢・富山にあるようなブランドや内容では、短期的に成功しても、長期的な顧客獲得には結びつかないであろう。大都市圏のように、宿泊してでも買い物をしたくなるような、エンターテイメント性のある街づくりが重要である。

↑ ブリュッセルのグラン=プラス広場
↑ スペインマドリードのマヨール広場
<「高岡駅南」は「高岡瑞龍」へ地名変更が必要>

 発展著しい南部地区ではあるが、町名が「駅南」という表現になっており、今後は歴史文化都市に相応しい名称に変更する必要がある。特に、新幹線の新高岡駅も出来る訳で、駅南という地名は紛らわしく混乱を来たす恐れがある。近辺には瑞龍寺もあり、地名のブランド化と言う意味でも「瑞龍寺」を新しい町名にしたいものだ。更に、駅南のメインストリートとなる下関京田線も、新町名に連携した愛称「瑞龍大路」などとする事も重要となろう。
 高岡市にとっては、新幹線駅周辺のほとんどの再開発が、イオンを軸とした民間で行える可能性が高まってきた。行政のやり方や進め方次第では、他の新幹線設置都市より、有利に早くそして安く整備できるだけに、しっかりした市の戦略と対応が期待される。

<三井アウトレットパークを軸にした『道の駅メルヘン小矢部』周辺の観光化>

 三井アウトレットパークの誕生により、小矢部市の『道の駅メルヘン小矢部』周辺の広域商圏力が高まっている。特に、高速道路を利用した県外からの誘客が期待でき、周辺には多くの新規商業店舗が開業し始めている。このチャンスを活かす為に、更なる仕掛けが必要だと考える。その中心となるのは観光都市化だ。


 まずは、『道の駅メルヘン小矢部』の拡張を図りたい。観光バスをターゲットとしたレストランの増設とロードサイド系のビジネスホテルや温泉施設の併設を目指す。次に『道の駅メルヘン小矢部』から1.8キロ離れた稲葉山牧場まで、観光ロープウェイを設ける。気軽にハイキングや牧場体験などが楽しめるようになり、三井アウトレットパークに遊びに来た方々を2次観光資源に誘客できる。将来的には、稲葉山に観光ホテルや展望レストランなどを設けて、観光ロープウェイを目玉に通年観光化を目指す。三井アウトレットパークや道の駅メルヘン小矢部が充実すれば、周辺に店舗や住宅が増え、稲葉山からの夜景は美しくなると思われる。そういった複合効果を目指したい。稲葉山山頂付近には、風力発電が3基ある。この風力発電をライトアップする事で、ランドマーク的な効果も期待できる。

 小矢部市の商圏力を高める為には、三井アウトレットパークと相乗効果が期待できる、もうひとつの大型商業施設が必要だとも考える。日本海側に未進出のIKEA(イケア)は、倉庫型の大型家具店として人気が高く、広域商圏が担えるだけのブランド力がある。誘致が実現すれば、間違いなくマーケットゾーンのツートップとして、小矢部市の地位が確立する。あとは、家電・書籍の大型量販店や雑貨店も必要であろう。富山市や高岡市とは、まったく違った魅力を持った街に育てないものだ。