<注意>このホームページは、あくまでプライベートサイトであり、いかなる団体・企業とも関係がございません。
当サイトで使用した画像及びデータの無断転載は禁止いたします。このサイトの主宰は、炭谷壮一(映像作家)です。
尚、このページで使用している地図は、AtlasMateを使用しております。複製はご遠慮下さい。


<参考サイト>
○いしかわの道
○新潟県高規格道路構想
○福岡北九州高速道路公社
○東日本高速道路 札幌均一料金区間

<検討したい項目>
・富山高岡広域都市圏に都市高速道路網整備
・富山長野連絡道路(長野ルート・松本ルート)の整備
↓金沢市古府付近:国道8号線+北陸高速道(連続立体高架化) ↓金沢外環状道路専行寺付近看板

<現在の地域高規格道路計画>

・富山高岡連絡道 ⇒(国道8号富山-高岡間の整備)
・富山外環状道 ⇒(国道8号下村-婦中-大沢野-国道8号針原)
・高岡環状道 ⇒(高岡IC-高岡駅南-野村-高岡北IC)
・富山高山連絡道 ⇒(富山-高山間)

<地域高規格道路計画→見直し案>
・富山高岡連絡道「セントラルウェイ(富山高岡弾丸道路)」
 (海側ルート)‥‥自動車専用連続高架道路‥‥都市高速道
 (山側ルート)‥‥自動車専用連続高架道路‥‥都市高速道・中日本高速道
・富山外環状線「EASTリング」‥‥自動車専用連続高架道路‥‥中日本高速道

・高岡環状道「WESTリング」‥‥自動車専用連続高架道路‥‥都市高速道
・富山高山連絡道(富山-高山間)‥‥自動車専用連続高架道路‥‥一般道
・北アルプス横断道路道(富山-長野・松本間)→新設‥‥中日本高速道

 現在計画されている地域高規格道路の一部を、政令市で認められている都市高速道路(政令市道路公団)として整備を図る。また、整備路線を見直し、既存高速道路や新設のアクセス一般道路を整備して結びつけたい。特に、県第一都市と県第二都市間に、高速道路が無いのは、全国的にも珍しく、富山県にとっては、致命的とも言えるだろう。
 現在計画されている地域高規格道路の富山高岡連絡線は、交通量の多い交差点を立体高架化していく手法の為、アップダウンの激しい道路となる(北陸自動車道金沢西IC-東IC間の側道として交差点立体交差化が進む国道8号線のような形式)。これでは都市間を結ぶ幹線道路として、安定した高速走行が出来ず、"中途半端な高規格道路"となるだろう。今後は、ルートも見直して、金沢外郭環状線(海側)と同様に、連続立体高架化の本線自動車専用道4車線化・側道4車線化へと、整備計画を再検討させる必要がある。
 地域高規格道路として構想されている富山外環状道と高岡環状道を、完全な環状の自動車専用道路として整備する。これに合わせて、能越道を再編する。現在の能越道の高岡IC-高岡北IC間を高岡環状道に移管する。能越道の高岡IC-小矢部JC間は、東海北陸自動車として、中日本高速に移管する。能越道は、高岡北ICから輪島IC間とする。また、富山外環状道路も北陸自動車道の一部として、中日本高速に移管する。富山市都心内には、新しく都市高速として都心環状線を設ける。

<富山高岡弾丸道路の早期先行整備案>

 先述した通り、富山と高岡を結ぶ高速道路が無い状態を早く改善する必要がある。そのためには、現在の高規格道路構想にはない「高岡南郷ー北陸道小杉IC手前間(5キロ程度)」を、北陸道のロングランプとして整備させたい。そして、大門町に高岡東ICを新設することが重要だと考える。現在の北陸道も活用できることから、安価で整備が出来るうえ、能越道高岡IC−北陸道小杉IC間が一直線で結ばれ、氷見・能登から富山への高速道路最短コースが出来る意味は大きい。有料道路とすることで、建設整備を早めさせ、先行的に整備が進んでいる新潟市や金沢市に追いつく必要がある。
 事業主体は、地域高規格道路と一般アクセス道路がこれまで通り国道扱いの国直轄事業とし、都市高速道路は政令市の事業で行う。
 また高速道路の新設ICとして、北陸道は、富山東IC(流杉PA)と高岡南ICのほかに、2〜3箇所を新設、能越道には、高岡西IC(福岡PA)を設ける。



<街道整備案>

 富山市都市圏を軸に、高速道と一般道を5方向に伸びる街道と位置づけて整備する。金沢市に向かう北陸道と国道359号線を『加賀街道』、能登に向かう地域高規格道路の富山高岡連絡道+能越道路と国道8号線+国道160号線を『あい・能登街道』、地域高規格道路の富山高山連絡道と国道41号線を飛騨街道、新設の北陸道+北アルプス横断道路と新設国道を『信濃街道』、新設の地域高規格道路+北陸道と国道8号線を『越後街道』とする。
 一方、高岡都市圏からも4方向に伸びる街道を整備する。富山方面は地域高規格道路の富山高岡連絡道と国道8号線を『あい街道』、能登方面には能越道+国道160号線を『能登街道』、岐阜方面は東海北陸道(能越道の高岡・小矢部JCを移管)と国道156号線を『五箇山街道』、小杉方面は新設の地域高規格道路と県道58号線を『太閤山街道』とする。

これら街道が、都市としてのステイタスを高める効果があると考える

<越中を取り巻く高速道路網の再編を目指せ!>

 日本海側の中心都市を目指して、富山市を軸にした高速道路網の再編を目指したい。


【現状】
 (高速自動車道路)
  ・北陸自動車道(米原ー富山−新潟)
  ・東海北陸自動車道(小矢部JC−一宮JC)
  ・能越自動車道(小矢部JC−高岡ー輪島)
  ・北陸自動車道(米原ー富山−新潟)
  ・中部縦貫自動車道(飛騨清見JC−松本JC)
 (地域高規格道路)
  ・富山高岡連絡道(富山ー高岡)
  ・富山外環状道(富山市内)
  ・富山高山連絡道(富山ー高山)
  ・松本糸魚川連絡道(松本ー糸魚川)
 (構想道路)
  ・北アルプス横断道(富山ー長野)

 これらの自動車道路を再編する。法律的な関係で、正式名称の変更ではなく通称名として検討する。また、地域高規格道路も構想道路も、一般高速道路として検討する

【再編案】
 (高速自動車道路)
  ・北陸自動車道(富山−大阪)
    →現北陸道の富山ー敦賀間+新設の湖西ルート+名神高速道の京都ー大阪間は共用
  ・北越自動車道(富山ー新潟)→現北陸道の富山ー新潟間を名称変更
  ・北国自動車道(富山ー長野ー高崎ー東京)
    →北アルプス縦貫道の富山ー長野間+上信越道の長野ー藤岡JC+関越高速道の藤岡JCー練馬間は共用
  ・飛越濃自動車道(富山ー高山ー一宮JC)
    →現東海北陸道の飛騨清美JCー一宮JC間+中部縦貫道の飛騨清見JCー高山間+富山高山連絡道の転用
  ・能越自動車道(富山ー高岡ー輪島)
    →現能越道の高岡ー輪島間+富山高岡連絡道の転用
  ・北アルプス環状自動道(高岡ー小矢部JC−飛騨清見JC−松本JCー糸魚川)
    →現能越道の高岡ー小矢部JC間+現東海北陸道の小矢部JC−飛騨清見JC
     現中部縦貫道の飛騨清見JCー松本JC間+松本糸魚川連絡道の転用
  ・富山外環状自動車道(富山市内)
    →富山外環状道の転用

<北アルプス横断道路の早期整備と新提案『北国自動車道』構想案>

 北アルプス横断道路(富山長野連絡道)の早期実現も目指したい。北陸道立山ICから馬場島・大町経由で長野更埴JCへと接続する高速道路(一般高速道路化もしくは地域高規格道路)とする。北アルプス横断道路の実現で、越中と首都圏を最短で結び、大幅な時間短縮が可能となる。これまで、首都圏から最も近い日本海側の都市は、新潟市であったが、このトンネルが実現すれば、富山市が最も首都圏から近い都市となり、企業誘致などに有利となるだろう。このほかにも、長野市・松本市へも所要時間を、半分以下へと縮めることができる。その効果として期待できるのが、「富山空港」 と 「伏木富山港」 の活性化だ。トンネルひとつで齎される経済効果は図りしれない。まずは、早期に地域高規格道路の候補路線に加えるよう、長野県側と共同で推進させる必要がある。そして、2020年を目標に開通させたいものだ。
 事業主体は、富山県と長野県の共同事業として、有料道路による整備とする。事業費は、推定2千億円(暫定2車線)。有料区間は馬場島ー大町間とし、立山ー馬場島間と大町ー長野更埴間は新規の地域高規格道路、大町ー松本豊科間は松本糸魚川連絡道路を活用する。1日の通行量は、約1万5千台を想定。通行料金は、普通車で片道1,800円程度とし、富山・長野・松本ナンバーは半額の900円とする。通行量が1日約2万台を超えた段階で、4車線化を図る。
 北アルプス横断道路の実現で、富山と東京を直結させる。しかし、重要なのはイメージだ。東京から富山を目指す場合、ダイレクトでいけるルートができても、様々な名称の自動車道を経由しないとイケナイ。これが、東京から富山が遠いという印象を与えてしまう。この解消には、東京と富山を結ぶ自動車道名を、ひとつにしたいものだ。その名称候補として、かつての北国街道を踏襲する『北国自動車道』を挙げたい。既存の高速道路ルートの総称という扱いも考えられる。また、長期的な構想として、北アルプス横断道路と国道299号線のバイパスルートを組み合わせて、富山から東京までの新設自動車道構想も考えたいものだ。


【北国自動車道ルート案】

(ルートA案)
・北アルプス横断道+上信越道+関越道
※上信越道の更埴JCー富岡JC間を転用、関越道の富岡JCー練馬IC間は共用区間として、この区間の名称は北国関越自動車道とする。

(ルートB案)
・北アルプス横断道+松本糸魚川連絡道路+長野道+中央道
※松本糸魚川連絡道路構想(地域高規格道)の大町ー松本間を、高規格幹線道路に昇格転用、長野道の松本ー塩尻JCを転用、中央道の塩尻JCー新宿IC間を共用区間として、この区間の名称は北国中央自動車道とする。

(ルートC案)
・北アルプス横断道+上信越道+中部横断道+新設ルートの自動車道
※上信越道の更埴JCー佐久小諸JC間と中部横断道の佐久小諸JCー佐久町IC間を転用、佐久町ICー東京間を国道299号線のバイパスルートとして、新設の自動車道を整備する。

(ルートD案)
・北アルプス横断道+松本糸魚川連絡道路+新設ルートの自動車道
※松本糸魚川連絡道路構想(地域高規格道)の大町ー松本間を、高規格幹線道路に昇格転用、松本ー東京間を国道299号線のバイパスルートとして、新設の自動車道を整備する。
<新提案『北陸自動車道〜湖西ルート』の実現>

 富山県から東京へ直結すれば、現状の所要時間が6時間から一気に3時間半に短縮される。そうなれば、富山県から大阪へ行くよりも、東京が近いという事に。富山県から大阪へ行く際の課題は、米原経由となる事だろう。鉄道でも、湖西線経由が米原経由よりも相当早く、距離も短い。しかし、高速鉄道よりも、高速道路の整備が進んでいる我が国において、何故か高速道路の湖西ルートがない。北陸にとっては、大きな課題だ。北陸自動車道ルートに、湖西ルートを設ける。この構想案が実現すれば、富山市から大阪市には、現状の4時間を切り、3時間半に短縮できる。3時間代というインパクトは非常に大きく、早期の構想具体化が必要となるだろう。現在、この湖西ルート上では、地域高規格道路として、琵琶湖湖西縦貫道路の整備が進んでいる。これを、高規格幹線道路に格上げして北陸自動車道に組み込む。かつて、地域高規格道路として整備された、能登有料道路の田鶴浜ー穴水間が、能越道として高規格幹線道路に格上げされた前例を活かしたい。